コーディング外注の成功談・失敗談

コーディング外注の成功談・失敗談

コーディング外注を頼んで、成功した・失敗したという体験談をまとめました。

成功したポイントや外注との上手な付き合い方、そして失敗してしまった原因やそれを回避するための方法を学び、活用しましょう。

  • 成功例1 必要なときだけ現れる助っ人社員!

    成功例必要なときだけ現れる助っ人社員!

    システム関連の仕事がメインのN社。専門のコーダーを雇う予定はまったくありません。

    時々、案件に絡んでコーディング業務が発生すると、社内のエンジニアが兼任で担当していますが、案件のつまり具合やスケジュールによっては、本業の方に影響が出てしまうことがあり、非常に困っていました。

    つづきを読む・・・

  • 成功例2 アドバイスをくれる、力強い味方

    成功例アドバイスをくれる、力強い味方

    もともとは印刷関連の仕事をしていたA社。Web部門を立ち上げたばかり。

    ディレクション、デザインはこれまでの社員でできましたが、コーディングできる社員がまだいませんでした。

    つづきを読む・・・

  • 失敗例1 初めての外注依頼、ところが・・・

    失敗例初めての外注依頼、ところが・・・

    社内にコーダーはいるものの、自社スタッフに余裕が無く、慌てて初めての外注依頼をすることになったF社。

    スケジュールがだいぶきついので不安ではありましたが、ネットで検索したとあるコーディング会社に問い合わせてみると「納期は問題なし」とのことで、思い切ってお願いしました。

    つづきを読む・・・

  • 失敗例2

    失敗例制作中の仕様変更で、思わぬ落とし穴。

    400Pを超える大規模サイトの案件を受注し、社内のコーダーだけではとても手が回らず、一部を外注に出すことにしたD社。

    過去に小規模案件をいくつかお願いしたことのあるコーディング会社さんに依頼し、社内のコーダーとも協力して中盤までは問題なく進んでいました。

    つづきを読む・・・

ページの先頭へ

MENU