コーディング外注HOWTO

制作中の確認事項

コーディングが始まってしまえば、外注先との共有事項は特にありませんが、発注側としてはやはり、制作の進行状況や制作物が気になるところです。

とはいえ、むやみに電話やメールをして確認してしまうと、対応によって制作の遅れが生じてしまいます。

制作中に気になるポイントを、ベストなタイミングと方法で確認しましょう。

進捗状況

納期やページ数によりますが、あまりページ数が多い場合は、オンライン上で常に制作状況が確認できるツールや、数日~1週間単位で報告してもらうようにし、毎日の進捗報告などは避けましょう。

【おすすめのツール】

■Googleスプレッドシート

Excel形式でスケジュール表をアップでき、オンラインで更新することができます。仕様等もExcelに準じているので、操作に慣れやすいツールです。

クォリティ

クォリティはもっとも気になるところですが、毎日制作完了したページを送ってもらうわけにはいきません。制作側でも納品前に全体で修正をかけたいところなどもあるので、毎日分割して納品させるのはおすすめできません。

プレビュー確認をしたい場合は、予めプレビュー予定日を決めておきましょう。その日にあわせて外注先とスケジュールを相談し、優先的にチェックしたいページなどから制作するようにしましょう。

ページの先頭へ

MENU