コーディング外注会社の対応範囲

コーディング外注会社の対応範囲

コーディングと一口に言っても、その対応範囲は会社によって異なります。

包括的に業務をカバーし、一過程まるごとすべて任せてしまえる会社から、あえてスポット的な業務の範囲を設定してコストを抑える会社まで、幅広い選択肢があるのです。

案件の状況や要望によって、社内でできる範囲・できない範囲を見極め、外注の使い方を変えてみるのもいいかもしれません。

対応範囲例

対応範囲例

各フローの説明

■デザイン

サイト全体のレイアウトを決める「基本デザイン」と、個々のアイコンや作図などの「パーツデザイン」があります。

基本デザインはサイトの根幹となる部分なので、いくつかプランなどを出しながら時間をかけてしっかり決めていきますが、パーツデザインは、アイコン作成やタイトル画像のテキスト打ち変えなど、基本デザインに沿っていればOKという程度の作業です。

コーディング会社によって、基本デザインも含めた全てのデザインができる会社と、ちょっとしたパーツなら制作できる会社と、まったくデザインチームを持っていない会社がありますので、デザイン作業が発生する場合は確認が必要です。

■サイト分析・設計

デザインができてしまえばすぐにコーディングができるわけではありません。

コンテンツによって、ディレクトリをまとめるか・分けるか、さらに下層でディレクトリをつくるか、などの「サイト設計」をする必要があります。これは、今後のサイト更新の効率にも関わってくるだけでなく、SEO対策としても意味を持つので、重要な作業になります。

またこの段階でサイト全体の共通パーツなどを洗い出し、優先的に作業したり、汎用的に使えるようにコーディングしたりと、「サイト分析」をしておくことで制作の効率がアップします。

■基礎コーディング

「基礎コーディング」ではサイト全体の見た目と構造を決定します。

サイト全体のフォントやレイアウトを定義する基本CSSや、サイト分析で洗い出した共通パーツを制作するため、後のことも考えてコーディングしなければなりません。

この段階を怠って制作を始めてしまうと、サイト全体のレイアウトが崩れたり、下層ページの制作に支障が出たりと、結果的に時間も手間もかかってしまいます。

■量産コーディング

「基礎コーディング」でサイト全体のトーンやマナーを決定した後、下層ページのパーツやテキストを流し込んでいく作業が「量産コーディング」です。

ここでは基本的なパーツは既に制作してあるので、他のページのことを考えてコーディングする必要は特にありません。

下層ページごとに大きくデザインが異なる場合は、量産コーディングには入りません。

■チェック

全てのページを制作した後、必ず制作したページをチェックをし、見た目の崩れや文言の誤りがないかを確認します。

原稿の文言ミスは、コーディング段階でチェックしてくれる会社もありますが、量産コーディングの場合はそのままコピー&ペーストされてしまう場合がほとんどです。そのため、コーディング後にきちんとチェックしておかなければなりません。

また、各モダンブラウザによって見た目に違いが出てくるので、対応ブラウザ全てでサイトの全ページを実際にプレビューし、レイアウト崩れやズレ、印刷の崩れがないかをチェックします。

■修正・変更

「修正」とは、コーディング段階でのミスを直す作業のことです。主にチェック段階で洗い出されたレイアウト崩れやズレなどを直していきます。また、原稿段階での文言の誤りも修正作業に含まれる場合があります。

「変更」とは、コーディング開始以降に変更になった文言やレイアウト、仕様などをコーディング後に適用させる作業のことです。

注意すべき点は、「修正」はコーディング費用とスケジュールに含まれ、新たにコストがかかることはありませんが、「変更」の場合、内容によっては追加で費用がかかったり、スケジュールが延びる可能性があります。

■納品

サイトの仕様やサーバーの特徴、制作状況などにあわせて、納品してもらう形は異なります。

段階的に納品してもらう場合や、他の外注先と共同で制作している場合などは、「差分納品」といって、変更された箇所のみを納品してもらう形をとります。

逆に常に最新ファイルをまるごと送ってもらいたい場合などもありますので、外注先にしっかり納品の形を伝えましょう。

ページの先頭へ

MENU